燈明堂の画像

燈明堂

(トウミョウドウ)
燈明堂は浦賀港の西にあり、港に出入りする船にとって灯台の役目をしていました。
慶安元年(1648)幕府の命により造られ、菜種油で灯された光は海上4海里(7.4km)を照らしたといわれています。
元禄の頃から、最盛期を迎えた東浦賀の干鰯問屋の負担で維持管理を行い、明治5年(1872)に廃止されるまでの約220年間、一日も休まずに航路の安全を守ってきました。
建物は明治20年代まで残っていたといわれていますが、風雨で崩壊し石垣だけが残されていました。昭和63年(1988)に、残った石垣の上に現在の建物が、当時の外観に復元されました。
燈明堂からは、小さな砂浜が続き、沖合いには今も多くの船が行き交います。

INFORMATION基本情報

住所
横須賀市西浦賀6
アクセス
京急浦賀駅からバス「千代ヶ崎経由 京急久里浜駅行」(約8分)「燈明堂入口」バス停下車、徒歩5分
料金
無料
駐車場
GW、夏季に民間の有料駐車場が開設されます。
お問合わせ
スカナビi (横須賀観光インフォメーション) Tel:046-822-8301(9:00~17:00)
横須賀集客促進実行委員会
Supported by 横須賀市 横須賀商工会議所 京浜急行電鉄(株) 事務局:横須賀市経済部観光企画課
TEL:046-822-8124 FAX:046-823-0164