横須賀観光をお考えの皆様へ

新型コロナウイルスの感染が、増加傾向にあります。
マスクの着用や手洗いの徹底など、「新しい生活様式」に基づく感染の予防を意識した行動をお願いします。
YOKOSUKA GENIC STREETの画像

YOKOSUKA GENIC STREET

(ヨコスカジェニックストリート)
JR横須賀駅から観音崎まで海沿いに伸びる約10キロの遊歩道「10,000メートルプロムナード(うみかぜの路)」上の三笠公園からうみかぜ公園までの間の歩道にある【「YOKOSUKA」から「世界」へ「LOVE」を発信】がテーマの長さ50m「撮れ高最強」のフォトジェニックなウォールアートです。

INFORMATION基本情報

アクセス
京急横須賀中央駅より徒歩約15分
京急県立大学駅より徒歩約20分
駐車場
なし
お問合わせ
経営企画部企画調整課 
TEL:046-822-8173(8:30~17:15)
メール:re-c@city.yokosuka.kanagawa.jp

BARRIER FREEバリアフリー対応

エレベーター ×
エスカレーター ×
入り口段差解消のための措置(スロープを含む) ×
車いす対応トイレ ×
オストメイト対応トイレ ×
車いす貸し出し ×
子供用オムツ替えシート ×
ユニバーサルシート
(大人用オムツ替えシート)
×
障害者等用の駐車場 ×
誘導用ブロック ×

ABOUTスポットについて

「YOKOSUKA GENIC STREET」で撮影した写真を
「#スカジェニ」を付けてSNSに投稿してぜひ思い出を共有しませんか?


利用上の注意

(1)次の行為はご遠慮ください。
   ・フラッシュ、ドローン等の撮影機材を用いての撮影
   ・作品汚損の恐れがある接写等の行為

(2)商業使用を目的とする撮影は一切お断りいたします。

(3)公表に際しては、他のお客様の映り込み等に十分なご配慮をお願いいたします。

(4)お客様同士や通行人等、他の方々とのトラブルにつきましては、
   横須賀市は関知いたしませんので予めご了承ください。

(5)ウォールアートは、歩道上にある施設となっております。
   撮影でのご利用は、歩行者の通行の妨げにならないようご注意ください。

(6)ゴミを捨てないでください。

(7)ウォールアートや植栽などに損害を与えないようご注意ください。

掲載作品 テーマ 「YOKOSUKA」から「世界」へ「LOVE」を発信

全5作品の中には、プロのアーティストや、市立横須賀総合高校の生徒さんが描いてくださった作品があります。



タイトル  My home is here
アーティスト 福島 隼
プロフィール 市立横須賀総合高校在籍。高校生でプロDJとして活躍。
インスタグラム https://www.instagram.com/hayabusa_42/



作品情報

横須賀の魅力はインターネットなどの情報から飛び出すほどの力があると思っている。 幼い頃から父に連れられこの地に通い国際的な空気を吸って生きてきた。
小学校2年生ぐらいからは自転車(BMX)で平成町うみかぜ公園に来て、スケートボードやBMXで遊んでいた。そんな自分と横須賀のつながりを楽しくPOPに表現してみた。



タイトル  LOVE PORT
アーティスト ふるや ともよ
プロフィール 横須賀市生まれ。グラフィックデザインの会社を退社後、フリーランスで仕事を受注。展示や様々なアートワークを担当。
挿絵などのイラスト制作から手作りしかけ絵本作りなど。
インスタグラム https://www.instagram.com/furuyatomoyo/
関連リンク https://tomostotomos.amebaownd.com



作品情報

幼い頃を過ごした横須賀。
堤防に座り朝から夜までぼんやり遠くの船を眺めて過ごす。太陽の下で熱くなった砂浜を裸足で駆け回り、浜辺に群生する大根の葉の上で足を休ませた記憶。ここで過ごした日々は色鮮やかな記憶であふれ、今のわたしを未来に向かわせる原動力になっている。
横須賀の風景が好き。
たくさんのひとびとの夢や希望が行き交って築きあげた開港150周年の歴史の上に、この街から広い世界に旅立ち未来を創っていくこれからの世代が、心の故郷としていつでもどんなときでも思い起こして元気になれるような、その美しい風景の一部になれればと想い描きました。



タイトル  世界はバラ色
アーティスト 和田 優紀
プロフィール 夙川学院短期大学専攻科美術・デザイン専攻卒、現在は国際NGOでインハウスデザイナーとして所属する傍ら創作活動中
インスタグラム https://www.instagram.com/u.ki.t/



作品情報

とにかく映えることを意識して描きました。
ウォールアートを観てくれた方が明るい気持ちになって、この絵を背景にSNS配信したときにそれを観たフォロワーも一緒に明るい気持ちになる。そんな連鎖がおこればすてきだなと思っています。たくさんの方に楽しんでいただければ幸いです。



タイトル  DANCE(♡)
アーティスト YAJ(ヤジ)
プロフィール 本名、矢島一希。
アートディレクター・デザイナー/グラフィックアーティスト。
グラフィックデザインを軸に、イラストレーションからアートまで広く活動。グラフィティの大胆不敵さと幼少期のアメリカアニメ体験などをルーツに、手法を問わず独自のストリート感を追求している。アイコンとして印象的な「目」を残すが、表現は様々に変化。鋭さと強さの合間にウィットを交えたグラフィックを展開する。店頭プロモーション、商品パッケージ、CDジャケット、ライブペイント、壁画など、幅広く手がけている。
インスタグラム https://www.instagram.com/explore/tags/yajpn_drawing/
関連リンク https://www.behance.net/shidao-yix7240
http://yajpn.tumblr.com/archive



作品情報

開放的な気分でダンスする人々、水辺の都市ならではのレジャーを元気に楽しむ人々。 船についた旗やダンサーのポーズ、釣り人の魚など各所に"隠しハート"を込め、絵全体の躍動感と相まったパワフルな"LOVE"の想いを表現した。
三笠や船艦・ヤシ・街並み山並み・雲・灯台など横須賀の特徴を盛り込みつつ、配色でも赤青をメインにして異国情緒を込め、空や海をイメージさせる水色で爽やかさを目指した。未曾有の事態となった2020年もポジティブに、YOKOSUKAから世界にLOVEを発信できたらと思う。



タイトル  横須賀ゴブリンプロジェクト
アーティスト 小中 大地 (ゴブリン博士)
プロフィール 1984年生まれ、茨城県つくば市在住。森羅万象に宿る妖精《ゴブリン》を人々 と共につくる。2005年の《ガッコーゴブリン》(茨城県旧友部町)以降、病院や山間部など性質の異なる様々な場で、幅広い世代の多様な背景を持つ人々と共に展開。筑波大学大学院(博士後期課程)に在籍し実践研究にも取り組む。
インスタグラム https://www.instagram.com/goblinlabinfo/
twitter https://twitter.com/konakadaichi
関連リンク https://konakabeya.exblog.jp



作品情報

ゴブリンとは「いたずら好きな妖精」を意味する言葉。
身の回りのモノやコトからテーマを決め、テーマ○○の生き物化による表現を「○○ゴブリン」と呼び、人々とのコミュニケーションを通した制作活動を行っている。
本企画のテーマ「YOKOSUKAから世界にLOVEを発信」をストレートに表現した。
「YOKOSUKA」のアルファベット一文字一文字を生き物化した8体の「YOKOSUKAゴブリン」を中央に描き、それらをまとい、広がっていくイメージで、「ハートゴブリン」を描いた。



Promotion イベントについて

<あなたの思い出を投稿しよう>
【「#スカジェニ」SNS投稿キャンペーン】
「YOKOSUKA GENIC STREET」で撮影した写真を「#スカジェニ」を付けてSNSへ投稿し、その画面を「SNS投稿キャンペーン」参加店舗に見せるとお得な割引や特典が受けられるキャンペーンを令和2年12月1日から令和3年4月30日まで行います。
さらに、投稿していただいた方の名から、抽選で賞品をプレゼントいたします。詳細はイベントページをご確認ください。



【すかりぶゆる~くミュージアムスタンプラリー】
横須賀市内のアートや歴史を感じるミュージアム施設を巡るデジタルスタンプラリー。スカジェニもチェックポイントの1つです。

実施期間:12月1日~12月27日 ※施設休館日は押せません。

参加費無料。

4か所のスタンプを集めて応募、抽選で賞品が当たります。

詳しくは、特設HPをご確認ください。

横須賀集客促進・魅力発信実行委員会
Supported by 横須賀市 横須賀商工会議所 京浜急行電鉄(株) 一般社団法人横須賀市観光協会 事務局:横須賀市文化スポーツ観光部観光課
TEL:046-822-8124 FAX:046-824-3277