御所ヶ崎の画像

御所ヶ崎

(ゴショガサキ)
走水漁港から海に突き出している小さな岬があります。日本武尊がここから上総に渡ったといわれ、仮の御所を設け、軍旗を立てたことから御所ヶ崎、旗山崎と呼ばれたと伝えられています。
現在は、中に入れませんが、かつては弟橘媛を祀る橘神社がありました。弟橘媛が海に身を投じた7日後に、妃の御櫛が浜に漂着し、村人は旗山に御陵を造りその櫛を納めたと伝えられています。
その後、御所ヶ崎には江戸幕府によって台場が築かれ、明治政府によって軍用地として買収されたときに、橘神社は走水神社に移されました。

INFORMATION基本情報

アクセス
京急馬堀海岸駅からバス「観音崎行」(約10分)「走水上町」バス停下車
駐車場
無し
お問合わせ
スカナビi (横須賀観光インフォメーション)
Tel:046-822-8301(10:00~18:00)
横須賀集客促進実行委員会
Supported by 横須賀市 横須賀商工会議所 京浜急行電鉄(株) 事務局:横須賀市文化スポーツ観光部観光課
TEL:046-822-8124 FAX:046-823-0164