第1回よこすか京急沿線ウォーク「ウインドサーフィンW杯&くりはま花の国ポピーまつりウォーク」の画像
おすすめ!

第1回よこすか京急沿線ウォーク「ウインドサーフィンW杯&くりはま花の国ポピーまつりウォーク」

~色彩豊かな美しい春の花々と海風を感じながら横須賀の景色を楽しみませんか。~

INFORMATION基本情報

開催日
2019年5月11日(土)
9:00~11:00(受付時間)
※荒天中止
※受付次第各自随時出発。ゴール受付は15:00まで
開催場所
京急久里浜駅 八幡公園(スタート受付)
横須賀市久里浜4丁目74番地
料金

参加費:無料

お問合わせ
・横須賀集客促進実行委員会 
TEL.046-822-8124

【当日の開催確認】
当日の開催可否は、
>横須賀市コールセンターWEBサイトからも確認できます。
046-822-2500(8:00~20:00)
(朝7時より8時まではテープでのご案内となります)

ABOUTイベントについて

くりはま花の国

くりはま花の国は、緑豊かな自然とのふれあいを満喫できる花をテーマにした公園です。5月はオレンジ色のカリフォルニアポピー、赤、白、ピンクのシャーレーポピーが合計約100万株、青色が美しいネモフィラはポピー・コスモス園で約20万株、ハーブ園で約30万株に及び、色彩豊かな花々をお楽しみいただけます。秋はコスモスが咲き乱れ、開花シーズンになると市内外から多くの人が訪れます。 園内のハーブ園では、 5月~7月に見ごろを迎えるラベンダーをはじめ、すがすがしい香りを胸いっぱいに吸い込んでハーブの魅力を満喫できます。 散策に疲れたら、ハーブを眺めながら入れる足湯「湯足里(ゆったり)」(無料)があります。 足湯のお湯には季節に合わせたハーブがブレンドされています。

ポピーまつり
期間2019年4月6日(土)~6月2日(日)
開催場所くりはま花の国 横須賀市神明町1番地
アクセス京急久里浜駅より徒歩約15分

イベント

★ポピーまつり期間中は毎日、ポピー園入口のコスモス館で会場案内や、花の国オリジナルグッズを販売!
★4月6日(土)~5月17日(日)写真コンクール作品応募受付!
5月20日からレストランロスマリネスにて掲示を行い、来園した皆さんの投票で受賞作品を決めます!
受賞作品は、6月2日(日)レストラン ロスマリネスで紹介されます。
※発表後写真は6月末まで掲示します!

★5月11日(土)・12日(日)10:00~15:00(※荒天中止)
くりはま花の街フェア:春
会場:くりはま花の国 ポピー園前広場
主催:久里浜観光協会
各種パフォーマンスや地元物産販売などを開催!

野比海岸

野比から長沢、津久井と海岸が続いています。 約2.5Kmほどの野比海岸沿いの道は、潮風に吹かれながらのお散歩に最適です。 YRP野比駅寄りの海岸から若山牧水の夫婦歌碑までは遊歩道が整備されています。かつては、白砂青松の海岸でしたが、都市化が進み、白砂は減少傾向が見られ、松は見られなくなりました。東京湾の対岸には房総半島が間近に見え、ドライブやサイクリングに最適で、サイクリスト用にマイルストーンも設置されています。

長岡半太郎記念館・若山牧水資料館

昭和五十六年九月に京浜急行電鉄㈱が偉大な物理学者、故長岡半太郎博士の業績を長く顕彰するため、生前、博士が風光明媚なここ長沢をこよなく愛され、学問研究や憩いの場として長い間住まわれた別邸を復元して横須賀市に寄贈したものです。
また、歌人若山牧水は、大正四年三月から一年十か月の間、妻喜志子の転地療養のため住まわれ、多くの歌を残されました。館内には二人の資料を展示しており、長岡博士が生前読書や休憩に愛用した野外机で来訪の著名学者は必ずここに座らされたという博士自慢の机が残されています。
また、長岡半太郎記念館・若山牧水資料館前の海岸は公園として整備され,2つの牧水の歌碑が建てられています。海を背にして見て右側にある歌碑は夫婦歌碑と呼ばれ,牧水の「しら鳥はかなしからずやそらの青海のあをにもそまずたゞよふ」背面に喜志子夫人の「うちけぶり鋸山も浮かび来と今日のみちしほふくらみ寄する」が刻まれています。

「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」

世界最高のトップライダーが横須賀の海を疾走する!「PWAウインドサーフィンワールドカップ」は、毎年ヨーロッパを中心に約10か国を転戦する ワールドツアーで、世界のトッププロが世界一を争います。大会会場では横須賀や三浦の地元グルメやハワイアングルメを味わえるフードコーナーも充実。ぜひ、横須賀・津久井浜で、世界のトップライダーのスピードと迫力を体感してください。
今年で第3回目を迎える世界最高峰の大会、津久井浜の海は、ウインドサーフィンをするのにもっとも適した風(サイドショア)が安定的に吹く最高のゲレンデだと言われており、この最高のゲレンデで開催される世界トッププロ選手によるレースは、スピード感あふれ、白熱したレースとなることでしょう。大会会場では、LED大型ビジョンを使用した競技の解説や、競技の観戦以外にも音楽イベントや各種体験イベントなど、子どもから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんとなっております。

開催期間2019年5月10日(金)~5月15日(水)=6日間=
会場津久井浜海岸・三浦海岸住所/横須賀市津久井浜1丁目・三浦市南下浦町上宮田
主催ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会実行委員会
【実行委員会構成メンバー】全日本空輸株式会社、京浜急行電鉄株式会社、NPO法人日本ウインドサーフィン協会、神奈川県、横須賀市、三浦市
公認Professional Windsurfers Association(PWA)
特別協賛全日本空輸株式会社
協賛京浜急行電鉄株式会社、株式会社西武プロパティーズ、アサヒビール株式会社、大栄不動産株式会社、株式会社セレスポ、株式会社野村総合研究所、株式会社アルビオン、ヒビノ株式会社、株式会社日本旅行、株式会社横浜銀行、かながわ信用金庫、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社テクノシステム、NTT東日本、株式会社中部日本プラスチック、株式会社廣済堂、アサヒ飲料株式会社、株式会社トライアングル、株式会社JVCケンウッド
開催内容

(1)女子フォイルレースも正式種目へ!さらに白熱
30か国以上の世界トッププロ選手が最大96名出場し、スラロームレースとフォイルレースを行います。本大会からは女子フォイルレースも正式種目となり、さらに白熱した競技をご覧になれます。
(2)OTODAMA SEA STUDIO 2019【特別タイアップ】
(3)津久井浜ステージ音楽ライブ
(4)フラダンスギネス記録挑戦!!
(5)電気自動運転バスeCOM-10
(6)ANA職業体験
(7)その他・マリンスポーツ体験会・三浦半島グルメフェス・海上観覧
キッズイベントなど

当日の注意事項
  • ヒール、ベビーカーでのご参加はご遠慮ください
  • 携帯電話等を操作しながらの歩行は大変危険ですのでご遠慮ください
  • コース中には、道幅・歩道が狭い箇所や生活道路が含まれ、横に広がって歩くと通行車両や通行人の迷惑となりますのでおやめください
  • 狭い箇所での傘やポールなどの使用はご遠慮ください
  • 道路交通法・交通マナーを守りましょう
  • コースに不安を感じたり、具合が悪くなったら無理をせず、各自の判断で参加をお取りやめください
  • スポーツドリンクなど、水分・塩分を定期的にとりましょう
  • 服装は速乾性・通気性のよいものにし、天候によっては帽子を着用しましょう
  • 事故,負傷等については責任を負いかねますので,ご了承ください

COURSEコース

京急久里浜駅⇒八幡公園(スタート受付)⇒くりはま花の国⇒野比海岸⇒長岡半太郎記念館・若山牧水資料館⇒ウインドサーフィンワールドカップ会場(ゴール受付)⇒津久井浜駅
距離等:約9.0km 所要時間約3時間

横須賀集客促進実行委員会
Supported by 横須賀市 横須賀商工会議所 京浜急行電鉄(株) 事務局:横須賀市文化スポーツ観光部観光課
TEL:046-822-8124 FAX:046-824-3277