若山牧水夫婦碑の画像

若山牧水夫婦碑

(ワカヤマボクサイメオトヒ)
長岡半太郎記念館・若山牧水資料館前の海岸は公園として整備され、二つの牧水の歌碑が建てられています。
海を背にして見て右側にある歌碑は夫婦歌碑と呼ばれ、牧水の「しら鳥はかなしからずやそらの青海のあをにもそまずたゞよふ」、背面に喜志子夫人の「うちけぶり鋸山も浮かび来と今日のみちしほふくらみ寄する」が刻まれています。
若山牧水は大正4年、妻の病気療養のため下浦に転居しました。酒と旅を愛した牧水らしく、2年足らずの滞在の間、下浦海岸で獲れたシコイワシを肴に美酒を味わったり、野比川で釣りを楽しんだりしたと言われています。
野比海岸沿いには牧水の歌碑が二つ、長岡半太郎・若山牧水資料館には、牧水の当時をしのばせる資料や写真も数多く展示されています。毎年9月には北下浦牧水まつりが開催されます。

INFORMATION基本情報

住所
横須賀市長沢2丁目 長沢海岸
アクセス
京急長沢駅から徒歩12分
駐車場
なし

ABOUTスポットについて

歴史・文化
「若山牧水」

若山牧水は本名繁、明治十八年八月二十四日、宮崎県臼杵郡に生まれた。県立延岡中学校を卒業した後上京、早稲田大学に学び、明治四十五年太田喜志子と結 婚した。大正二年長男旅人を出生したあと喜志子は体調が優れず、医師から転地療養を勧められ、大正四年三月に長沢の川端の家(斉藤松蔵方)に移り住んだ。
風光明媚、気候温暖な当地での静かな明け暮れのなかで、喜志子の健康は次第に回復し、大正五年十一月には長女みさきが生まれた。
右に建つ「しら鳥」の歌は明治四十年十二月の「新声」に発表されたものであるが、牧水はまだ二十三歳の学生歌人であった。
碑の背面に刻まれた「鋸山の歌」は、妻喜志子が当地に住んでいる頃「海辺に移りて」と題して発表したもので、表裏合わせて「夫婦歌碑」と呼ばれている所以である。昭和二十八年に建立された。
左にある「海越えて」の歌碑は、昭和六十二年に建立された。歌集「砂丘」のはじめに「三浦半島」と題して「病妻を伴い三浦半島に移住す、三月中旬の事なりき」と記したあとに発表した長沢海岸から房州鋸山を詠んだ歌である。
「漂白の歌人」と言われ、旅と酒を愛した牧水は、地域の人々との温かいふれあいもあって、喜志子の日常も順調にすすむようになり、大正五年十二月二十八日東京小石川に引揚げていった。

横須賀市
※横須賀市が立てた説明板を掲載しました
  • 若山牧水夫婦碑の画像
  • 若山牧水夫婦碑の画像
  • 若山牧水夫婦碑の画像
  • 若山牧水夫婦碑の画像

RELATION関連ページ

LINK関連サイト

横須賀集客促進実行委員会
Supported by 横須賀市 横須賀商工会議所 京浜急行電鉄(株) 事務局:横須賀市経済部観光企画課
TEL:046-822-8124 FAX:046-823-0164