第1回よこすか京急沿線ウォーク「咸臨丸フェスティバル」ウォークの画像
おすすめ!

第1回よこすか京急沿線ウォーク「咸臨丸フェスティバル」ウォーク

~春の風に導かれながら、開国ロマン溢れる浦賀で開催される「咸臨丸フェスティバル」を目指すウォークです。途中、ペリー上陸を記念する公園や、浦賀水道の灯台の役目をしていた燈明堂を巡り、春らしいあたたかさに包まれながらのウォークをお楽しみいただけます。~

INFORMATION基本情報

開催日
2016年4月30日(土)
9:00~11:00(受付時間)
※荒天中止
※受付次第各自随時出発。ゴール受付は15:00まで
開催場所
京急久里浜駅西口 京急ストア入口前(スタート受付)
横須賀市久里浜4-4-10ウイング久里浜1階
料金

参加費:無料

お問合わせ
・横須賀集客促進実行委員会 
TEL.046-822-8124

【当日の開催確認】
・横須賀市コールセンター
TEL.046-822-2500
(朝7時より8時まではテープでのご案内となります)

ABOUTイベントについて

咸臨丸フェスティバル
  • 時間:10:00 ~ 16:00
  • 場所:住友重機械工業株式会社 浦賀工場内・浦賀港周辺
  • 国際式典、水恋乞いレース、たまごつかみ大会、舞台アトラクション
  • 消防車両展示、白バイ、ミニ白バイ展示体験、フリーマーケット
  • レンガドック活用イベント
 咸臨丸フェスティバル
ペリー公園

嘉永6年(1853年)6月にペリー艦隊が浦賀に来航し、ペリー提督が上陸したことを記念して、1901年に建立された記念碑があります。園内にあるペリー記念館内(入館無料)にはペリー来航に関する歴史的資料や模型が展示されています。

燈明堂(とうみょうどう)

燈明堂は浦賀港の西にあり、港に出入りする船にとって灯台の役目をしていました。
慶安元年(1648年)幕府の命により造られ、菜種油で灯された光は海上4海里(7.4km)を照らしたといわれています。
元禄の頃から、最盛期を迎えた東浦賀の干鰯問屋の負担で維持管理を行い、明治5年(1872年)に廃止されるまでの約220年間、一日も休まずに航路の安全を守ってきました。
建物は明治20年代まで残っていたといわれていますが、風雨で崩壊し石垣だけが残されていました。昭和63年(1988年)に、残った石垣の上に現在の建物が、当時の外観に復元されました。
燈明堂からは、小さな砂浜が続き、沖合いには今も多くの船が行き交います。

同時開催イベント よこすか京急沿線ウォーク「咸臨丸フェスティバル」ウォーク × Ingress Yokosuka

位置情報ゲームアプリ「INGRESS」連携特別企画!
ウォークコースに6つの咸臨丸ミッションが出現。
ミッションコンプリートでオリジナルワッペンをその場でプレゼント!ミニ企画も順次公開!

詳細は STRATEGY BASE FOR INGRESS IN YOKOSUKA まで!

COURSEコース

京急久里浜駅(スタート受付)⇒ペリー公園⇒燈明堂⇒浦賀コミュニティ広場(ゴール受付)⇒浦賀駅
距離等:10.0km 3.5時間

横須賀集客促進実行委員会
Supported by 横須賀市 横須賀商工会議所 京浜急行電鉄(株) 事務局:横須賀市経済部観光企画課
TEL:046-822-8124 FAX:046-823-0164